GTZ BLOND PRINCESS

嘉寿-YoshI-が2015年に手にした一本。

オリジナルは"New Hampshire"として産声を上げたが、ペグ、ポジションマーク、エスカッション、ノブなど嘉寿-YoshI-好みへとモディファイされ、"Blond Princess"として生まれ変わった。

ヴィンテージのスーパーディストーションを改造されたデュアルサウンドが搭載され、ミニスイッチでコイルタップからフェイズサウンドまで出力。

ホンジュラスマホガニーをマテリアルに指板にはエボニーを使用。

しっかりと芯をとらえながらも粒の細かい歪みに広いレンジをとらえた居心地の良いサウンド。

コイルタップ時にはいかにもシングルといったサウンドを聴かせてくれる。そのことからライブやレコーディングで活躍。

しかしお姫様はわがままでゲインを上げすぎると不機嫌になる。ブロンドの髪をなびかせたこのお姫様は少々扱いには気を使うがそこが愛おしくもある。ボディ下のインレイ部分にYが浮かぶ。ボディバックはオーナーの秘密。